scribbling the things that pop into my head...
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 二重被爆者を「愚弄」した(?)BBC批判に思う | main | オーロラ撮影に成功しました!(動画付き) >>
ユーコンに、オーロラを観る旅
今、カナダはユーコン準州のホワイトホースに来ています。地図で言うならこちら(>GoogleMap)です。


バンクーバーから国内線で北北西に2時間。その途中には4000m級の山岳地帯が広がっていました。氷河が壮観!

いちばんの目的は、小さいころから憧れていたオーロラを観ることです。太陽のエネルギーが地球に飛んできて起きる自然現象。もちろんふだん私たちが目にしている可視光線や暖かさとしての赤外線、日焼けの原因の紫外線などなど太陽からのたくさんのエネルギーで私たちはそもそも生きることができているわけです。

でも、それをもっとも神秘的なかたちで目の当たりにできるオーロラに宇宙の図鑑がいちばん好きだった子どもの頃から憧れていました。

そして今回、ふと思いついてDELLジャパンが募集をしていた「夢の旅」という懸賞にオーロラを見たいと応募したところ、思いがけず当選(こんなの人生で初めてです@_@;))、なんと旅の費用をほぼ全部負担いただいて来ているのです。そのキャンペーンページはこちら(Facebook内)です。


今回宿泊しているのは、ホワイトホース郊外にあるB&B。大草原の小さな家のような佇まいです。向こうに見える山のほうにオーロラが見えます。


オーナー夫妻はフランス人。出身地アルザスの郷土料理もいただいたりしています。でもワインはカナダのもの。


昼間はマイナス20℃前後の気温の中でスノーシュー(かんじき)で山登りをしたり、犬ぞりを体験したり。ピークからは氷河に削られた地形が望めました。


2日目の夜、ようやく仄かに現れてくれたオーロラ! でもとても弱くて、あのウネウネと動く様子などは見られませんでした。あと2晩で出会えるかな?

今回の旅は、さすがパソコンメーカーがスポンサーなだけあって、PCなどを駆使して自分らしい旅をカスタマイズして作るということもテーマになっています。

私自身、旅は手作り派なのですが、PCやインターネットが普及したことで本当に細かいところまで自分の好み通りにカスタマイズできるようになったなぁと今回あらためて痛感しました。旅の途中もネットで臨機応変に行動できるようにもなっています。旅先がカナダというネット普及国であることもプラスにはなっていると思います。

次回は今回の旅をPCとネットでどんなふうに作りあげたか、ご紹介してみようと思っています。

ちなみに、じつは今もオーロラの出現待ちをしています。きれいなのが出たら、動画にも挑戦してみようと思っています。鮮やかなオーロラが見られますように!!!!(よかったら一緒に念じてください)


1960年代頃迄は北海道網走でもオーロラ見れましたよ
82歳の母に聞いても冬になると当たり前のようにオーロラが何回も空を駆け巡っていたと言います
冬はオーロラ、春になると蜃気楼で季節の変わり目を感じていました
懐かしい過去の思いでか
今はオーロラは大雪山山頂でも年間通してほとんど見られなくなったようです
アラスカでも一週間居ても運が悪ければ見ないで帰る観光客も多いと言います
MA | 2011/02/26 20:38
COMMENT









Trackback URL
http://blog.yokoaoki.com/trackback/8
TRACKBACK