scribbling the things that pop into my head...
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オーロラの旅、その他の動画をもう少しアップしました | main | タンデムバイクの初インプレ >>
わたしの「マンロン350km超過酷チャリティライド」にご協力ください
こんにちは、青木陽子です。
急なことなのですが、来月9月7日にRapha(ラファ)が主催する、超過酷チャリティライドイベント「マンチェスター to ロンドン」に参加することにしました。



朝7時にイングランド北部の都市マンチェスターを出発、先日のツール・ド・フランスの舞台になった丘陵地帯を含む350kmを走り、同日の深夜0時までにロンドンにゴールするという、わたしにとっては力量以上のチャレンジです。
残念ながら、自分ひとりでは到底無理なので、少しでも成功の確率をあげるべく、パートナーのドミニクと一緒にタンデムバイク(2人乗り自転車、下記に写真があります)で挑戦することにしました。タンデムは平地は速いそうですが、のぼりには滅法不利だそうで、はたして2人乗りにすることがプラスになるのかわかりませんが、興味もあるので決心しました。

つきましてはお友だちのみなさんにお願いがあります!
このイベントは、重い自閉症の人たちのための教育NGO「Ambitious about Autism」のために資金を集めることを目的にしています。ライドに参加する人はひとり最低750ポンド(14万円)を応援してくださる方々から約束してもらい、制限時間内に走り切れたら、そのお金を実際にいただいて、NGOに寄付するという仕組みです(ライドにかかる実費はわたしたち参加者が払いますので、いただいたお金は全額が寄付されます)。
500円でも2000円でも(もちろんもっとでも!)、無事成功したらのご褒美として、ご用意いただけないでしょうか? 

※(9月4日追記)
おかげさまで750ポンドを超えました! ありがとうございます!  「寄付がありましたよ」という自動メールが届くたび、「うきゃっ」と小躍りしています。次の瞬間、責任の重さを思い出し、胸がドキドキッとします。
じつは先日開催事務局と話したところ、「タンデム1台でも走るのは2人なので、2人ぶんの1500ポンドを集めてくれ! 頑張って!」と言われてしまいました……。未達でも参加はできますが、ドミニクと相談し、これももうひとつのゴールと考え1500ポンド(28万円)を目標にあらためてみなさんにお願いすることにしました。ちゃっかりしたお願いではありますが、まだの方、ぜひよろしくお願いします!


リンク先ページは英語なのですが、「Donate now >>」という水色囲みのボタンをクリックして、クレジットカードでの支払い情報を送ってください(すぐには支払いは発生せず、9/7のライド完走後に支払いになるはずです)。
こちらの英語版の寄付お願いページの右側の温度計のようなグラフで、現時点で集まっているみなさんからの合計金額が表示されます。応援メッセージも英文であれば添えていただくことができます。メッセージをいただけるとうれしいです。
VISA、マスターカード、アメリカン・エクスプレス、ペイパルが使えます。

もちろんわたしも、ただ必死に走ればみなさんからの浄罪をいただけるなどとは思っておりません。
いまからのトレーニングの様子、タンデムバイクについての発見、ラファのカタログにもよく登場しているベテランアマチュアレーサーのドミニクにシゴかれている内容などを、FBやブログ、ツイッターでご紹介して、応援してくださるみなさんに楽しんでいただければと思っています。ドミニクについてはRaphaのこちらのページをご覧ください。

タンデムバイクはまだ届いたばかりで試乗できていないのですが、イギリスの有名ショップ/ブランドのコンドルサイクルに用意してもらったものをお借りして走ります。真っ赤なかわいいヤツです。
届いたばかりのタンデム。身長154cmのわたしでも乗れる最小サイズです。さすがに剛性のためかかなり太い径のアルミフレームで、ずっしり重かったです。

去年のエタップ・デュ・ツールのときのスナップ。ロンドンでよく一緒に走っているチームメイトと。じつは80年代の超大物UKポップ・アイドルのパートナーさんとお嬢さんでもあります。

このイベントがなぜ自閉症の人のための福祉団体に寄付なのかなど、また詳細はこのページのアップデートとFB、ツイッターで行います。イギリス中心のイベントですが、日本からもたくさん寄付が集まったとなれば、熱心に誘ってくれたRapha社長のサイモンにも日本人として鼻が高いというものです(^^)
 
これからのマンチェスターーロンドン(略して「マンロン350」)記事を見て、面白いと思ったらの投げ銭的でもけっこうです。ご検討のほど、なにとぞ、どうぞよろしくお願いします!! 
VISA、マスターカード、アメリカン・エクスプレス、ペイパルが使えます。

 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.yokoaoki.com/trackback/12
TRACKBACK